ダイエットには納豆を

納豆との組み合わせで綺麗とダイエットを

 以前、納豆ダイエットのブームが起きてきました。発酵食品はダイエットにふさわしい、納豆だけ食べて痩せる!などさまざまな口コミがあります。そう騒がれるほど、納豆は毎日食事の中で食べていった方がいいのです。健康的で非常に優れている納豆だけでもいいのですが、さすがに毎日納豆そのままだけだと飽きてしまいます。
 ここで納豆との組み合わせでもっと綺麗になれたりダイエットに効果的な食材を説明します。
・納豆×ネギで疲労回復
ネギに含まれる硫化アリルはビタミンB1の働きを助け、疲れた時におすすめです。
・納豆×キムチで腸内環境を整える
納豆と同じでキムチも発酵食品で、発酵食品を1種類摂るよりも何種類かを摂ることによって腸内の善玉菌を活性化させ便通も良くなりダイエットに欠かせないです。
・納豆×山芋でスタミナ強化
納豆に含まれるアミノ酸は代謝に関わるビタミンB群があり、それだけでもスタミナには良いのですが、山芋の含まれるジアスターゼやアミラーゼという消化酵素を一緒に摂ってあげることでぐんと良くなります。
・納豆×アボカドで美肌
アボカドを組み合わせることで納豆にないビタミンCを補えて、質の良い油やビタミンEの強い抗酸化作用で美肌を手に入れられます。
納豆は基本何の食材でも合わせることができるにで納豆単品だけではなく、他の食材と組み合わせて体の内側から綺麗になりダイエットも成功させることが非常に高いと思います。

毎日納豆を食べてダイエットできる?

はい。痩せるというより毎日食べて痩せやすい体になりやすいです。健康やダイエットにいいと言われている納豆には、どのような成分が入っているのでしょうか。納豆には健康を維持するための5大栄養素がすべて含まれています。5大栄養素というのは「タンパク質」「脂質」「炭水化物」「ビタミン」「ミネラル」「食物繊維」のことです。生きていくのにはどの栄養素も欠けてはいけませんが、納豆にはこれらが豊富に入っているわけですね。
 また、良質なタンパク質と言われている納豆ですが、その理由は何でしょうか。それは、人が体内で合成できないものがアミノ酸が9種類あり食事によって取り込まなければなりませんが、この9種類を必須アミノ酸と呼んでいます。「良質なタンパク質」とはこの9種類の必須アミノ酸がバランス良く含まれるタンパク質のことを言います。「アミノ酸スコア100」と言われるほど体内で活用されやすい良質なタンパク質なんです。そのほかに、イソフラボン、大豆タンパク、大豆ペプチド、ナットウキナーゼといった成分が含まれており、優秀な納豆を毎日ダイエットのために食べていたら健康的な体を手に入れる力にもなってくれるはずです。
 タンパク質を吸収する際、脂肪燃焼を促し、さらに筋肉量が増えるため基礎代謝も高まり、カロリーを消費しやすい痩せやすい体質になります。脂肪燃焼はダイエットにおいて重要ですね。そして、大豆タンパク質は肉類とほぼ同じタンパク質なのですが、脂肪量は少なく低カロリーでダイエットにはうってつけなんです。納豆効果すごいですね!脂肪燃焼で痩せ体質を作ってくれて、美肌効果もあり便通も良くなり、良いこと尽くしの納豆は毎日食べてほしいくらいの食品です。本当におすすめするダイエット食品です。
 ただし、納豆は大豆製品ですので、脂質もある程度あるため、脂質制限ダイエット(ローファットダイエット)をしている方は1日1パックか2パック程度に抑えておくといいでしょう。

納豆に含まれる大豆イソフラボンは摂りすぎNG?

 大豆には不溶性食物繊維が多く含まれています。適切な摂取量を守ればイソフラボンは便秘の解消につながるのですが、過剰摂取は下痢の原因になります。また過剰摂取によりホルモンバランスが崩れることも下痢につながり、注意が必要です。
 一方で、イソフラボンは女性ホルモンのバランスを整えて、不妊治療に効果があることで知られています。しかし、摂りすぎると逆にホルモンバランスが崩れる原因にもなります。ホルモンバランスが崩れると生理不順となり、妊娠しにくい身体になることも、、、。男女共にイソフラボンを適切に摂ることで、骨粗鬆症や生活習慣病の予防が可能です。さらに、男性は薄毛対策も効果があります。
 このように嬉しい効果が期待できる一方で、イソフラボンを摂取する際の注意点があります。男性の場合、イソフラボンを大量に摂取することで女性ホルモンが増え、胸が膨らむといった場合もあるという報告もあるため注意が必要です。女性の場合、乳がんのリスクが上がるといった説もあります。
 大豆は身体に良いとわかって食べすぎたらいろいろなリスクがあることがわかりましたね。
ですが、納豆(大豆)を毎日食べることで健康維持やダイエットに効果は十分にあるので、適量でバランスよく食べていただくことをおすすめします。ダイエットも健康もどれもバランスが重要ですね。ぜひダイエット・健康の両方を意識して納豆を食べてみてください。

この記事の著者

中村将太  1989年11月生まれ
高校の英語教員として働く中、2020年に久留米市のパーソナルジム ニックスフィットネスをオープン。代表トレーナーを務める。
日本ダイエットスペシャリスト協会認定講師でもある。
得意分野はダイエット指導で、専門知識をふんだんに駆使して、お客様のダイエット成功の道を作ることが何よりのやりがいと感じている。ダイエット・ボディメイク・健康のことでお悩みの方はお気軽にLINEにてご連絡ください。また、中国武術の詠春拳教室でも指導を行っています。

初回体験が無料

久留米市パーソナルジム ニックスフィットネスでは公式LINEでお得な情報やキャンペーン、ダイエットコラムなどをご提供させていただいております。登録してご来店いただいた初回体験の方は、なんと初回体験料金が0円!ワンコインで体験が受けられますので公式LINEのご登録をぜひ。また、公式LINEからもご予約ができるようになっておりますので、入会されてからもオンライン上で予約を入れることが可能です。こちらのリンクから公式LINEを追加いただけます。Nick's Fitness | LINE 公式アカウント

久留米市にあるパーソナルジム ニックスフィットネス 代表 中村将太
当パーソナルジムでは、一人一人の体やご要望に合ったトレーニング指導、食事指導を通して、ダイエットやかっこいい体作り、機能改善を目指していきます。女性の体に合ったコースも、ペアで楽しみながらできるコースもご用意しております。まずは初回体験からでもお気軽に足をお運びくださいませ。

ダイエットコラムに関連する記事

3分類の代謝 ・代謝とダイエット

3分類の代謝 ・代謝とダイエットの画像

3分類の代謝 ・代謝とダイエット

基礎代謝とダイエット 生物が生きていく上で必ず消費されるカロリー、呼吸・心臓・体温、全てを動かすにはエネルギーが必要です。 そして代謝とは生物が取り込み、利用した後、排出する生命活動...

ダイエットのために褐色脂肪細胞を活性化させよう

ダイエットのために褐色脂肪細胞を活性化させようの画像

ダイエットのために褐色脂肪細胞を活性化させよう

ダイエットの味方、褐色脂肪細胞とは? 褐色?茶色?小麦色?脂肪というイメージを求められれば牛肉などについている白い部分を想像するのではないでしょうか? 実は体脂肪には2種類の分類がなさ...

ダイエットのために野菜5選解説!

ダイエットのために野菜5選解説!の画像

ダイエットのために野菜5選解説!

ダイエットでおすすめ野菜①アスパラガスタンパク質2.6
脂質0.2g
炭水化物(糖質2.1g 食物繊維1.8g)
 まず、炭水化物ですが、100gあたり2.1gの糖質というの...