トレーニングをしている人へ 鉄分は足りていますか

トレーニングと鉄分の関係

 鉄分は赤血球の生成に重要な栄養素であり、適切な鉄分摂取がトレーニングにとって重要です。トレーニングを行うと、筋肉の酸素供給が増えるため、鉄分は酸素を運ぶヘモグロビンの合成に必要とされます。適切な鉄分摂取がないと、酸素供給が不十分となり、パフォーマンスや回復が低下する可能性があります。トレーニング中には身体が鉄分をより多く消費するため、特にアスリートや運動を頻繁に行う方は、十分な鉄分を摂取することが重要です。食事で肉、魚、豆類、レンズ豆、ほうれん草、ナッツ、全粒穀物などの鉄分を含む食品を摂取することが推奨されます。ただし、過剰な鉄分摂取も問題となる場合があるため、個々のニーズに合わせてバランスの取れた食事を心掛けることが大切です。適切な栄養とトレーニングの組み合わせにより、パフォーマンス向上や健康維持に寄与することが期待されます。必要に応じて医療専門家に相談することをお勧めします。

鉄分が必要な理由

 鉄分は身体にとって非常に重要な栄養素です。主な理由は次のようになります:
酸素輸送: 鉄分はヘモグロビンというタンパク質の一部で、赤血球内に存在します。ヘモグロビンは酸素を肺から体の各組織へ運ぶ役割を果たしています。鉄分は酸素を結びつけるために必要であり、組織や臓器に酸素を供給するために欠かせない要素です。
酸素利用: 鉄分はミオグロビンというタンパク質にも含まれています。ミオグロビンは筋肉内に存在し、筋肉の酸素の貯蔵と放出を補助する役割を果たします。トレーニング時には、筋肉の酸素利用が増加するため、適切な鉄分が必要です。
免疫機能: 鉄分は免疫機能の維持にも重要です。身体の免疫細胞は感染や病原体に対抗する際に鉄分を使用します。適切な鉄分摂取は免疫系の正常な機能を維持し、疾患や感染症から身を守るのに役立ちます。
これらの理由から、適切な鉄分摂取は健康を維持するために不可欠です。鉄分は食事やサプリメントから摂取できますが、過剰摂取や不足摂取には注意が必要です。個々の健康状態やニーズに合わせて、バランスの取れた食事を心掛けることが重要です

トレーニングをしている人の必要な鉄分量

 トレーニングをする人の必要な鉄分の量は一般的に性別や年齢、活動レベルによって異なります。以下は一般的な推奨量の目安ですが、個々の状態によって変わる可能性があるため、医療専門家の指導を仰ぐことをお勧めします。
成人男性: 1日あたり約8 mgから11 mg
成人女性: 1日あたり約18 mgから21 mg(生理期間中は多めに摂取することが推奨される場合もあります)
 トレーニングを頻繁に行うアスリートやスポーツ選手は、過度の運動による鉄分の損失を補うためにより多くの鉄分が必要となる場合があります。特に女性の場合は生理期間による鉄分の損失も考慮して、十分な鉄分を摂取する必要があります。
鉄分は主に食事から摂取できますので、鉄分を豊富に含む食品を取り入れることが重要です。肉類(特にレッドミート)、魚、豆類、ほうれん草、レンズ豆、ナッツ、全粒穀物などが良い鉄分の源となります。
もし鉄分の不足を感じる場合や、トレーニングによる疲労感や回復不良がある場合は、医療専門家に相談して、適切な対策を立てるようにしましょう。

この記事の著者

中村将太  1989年11月生まれ
高校の英語教員として働く中、2020年に久留米市のパーソナルジム ニックスフィットネスをオープン。代表トレーナーを務める。
日本ダイエットスペシャリスト協会認定講師でもある。
得意分野はダイエット指導で、専門知識をふんだんに駆使して、お客様のダイエット成功の道を作ることが何よりのやりがいと感じている。ダイエット・ボディメイク・健康のことでお悩みの方はお気軽にLINEにてご連絡ください。また、中国武術の詠春拳教室でも指導を行っています。

初回体験が無料

久留米市パーソナルジム ニックスフィットネスでは公式LINEでお得な情報やキャンペーン、ダイエットコラムなどをご提供させていただいております。登録してご来店いただいた初回体験の方は、なんと初回体験料金が0円!ワンコインで体験が受けられますので公式LINEのご登録をぜひ。また、公式LINEからもご予約ができるようになっておりますので、入会されてからもオンライン上で予約を入れることが可能です。こちらのリンクから公式LINEを追加いただけます。Nick's Fitness | LINE 公式アカウント

久留米市にあるパーソナルジム ニックスフィットネス 代表 中村将太
当パーソナルジムでは、一人一人の体やご要望に合ったトレーニング指導、食事指導を通して、ダイエットやかっこいい体作り、機能改善を目指していきます。女性の体に合ったコースも、ペアで楽しみながらできるコースもご用意しております。まずは初回体験からでもお気軽に足をお運びくださいませ。

トレーニングコラムに関連する記事

せっかくトレーニングするなら効率化しよう

せっかくトレーニングするなら効率化しようの画像

せっかくトレーニングするなら効率化しよう

目標の明確化と選択でトレーニングの効率化を図る みなさんは普段のトレーニングではどのようなことを意識しながら筋トレをしているでしょうか。トレーニング1時間前に炭水化物を取る、と...

モビリティトレーニングでパフォーマンスアップ

モビリティトレーニングでパフォーマンスアップの画像

モビリティトレーニングでパフォーマンスアップ

モビリティトレーニングとは? モビリティトレーニングは、関節の可動域や柔軟性を向上させるための効果的なトレーニング手法です。トレーニングの中でもモビリティは、筋力や持久力だけで...

インターバルトレーニングでダイエットと筋力アップ

インターバルトレーニングでダイエットと筋力アップの画像

インターバルトレーニングでダイエットと筋力アップ

インターバルトレーニングの基本と効果 トレーニングの世界で近年注目されているのが、インターバルトレーニングです。このトレーニング手法は、高強度の運動と低強度または休息の短い期間...